スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マージョラム

情緒不安定や孤独感を鎮めてグッスリと心地よい眠りを誘う

マイルドでライトスパイシーな香りのマージョラムは、古代ギリシアやローマではよく知られ、広く使われた薬草の1つでした。また、新郎新婦がマージョラムの花の冠をつける習慣のあったといわれています。

ギリシャ人たちは、筋肉がけいれんを起こしたときにこの薬草を用い、消毒のために床に撒いたりもしました。現在使われているエッセンシャルオイルにも、けいれんなどの筋肉痛の緩和する効果があります。

また、花や葉、茎は嗅ぎタバコやパスタ料理、ソーセージ作りなどに使われていて、ヨーロッパでは親しみあるエッセンシャルオイルの1つです。


心への効果


神経系を鎮静する効果に優れ、孤独感や哀しみなどを癒します。
特に、注意を集中させにくい状況のとき、興奮を抑えて気持ちをラクに落ち着けさせたいときなどに効果があります。


身体への効果


けいれんなどによる筋肉痛に効果的です。リウマチや関節の腫れなどにも効きます。
そして、心臓の強壮剤としても有名で、高い血圧を下げて、身体全体をリラックスさせて、頭痛や不眠症にも役立ちます。


肌への効果


血液の流れを促す力に優れているので、挫傷のあとに有効です。


こんな症状にはマージョラム


・頭痛
・肩こり
・筋肉痛
・便秘
・生理痛


こんな気分にはマージョラム


・集中力をつけたい


注意点


・眠気を催すことがあります。
・長時間の使用を避ける
・妊娠中は使用しない

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

ローズウッド

バラに煮た甘くてさわやかな香りは、落ち込んだ気持ちを明るくしてくれます

ローズウッドはローズの香りをウッディー系としたような、スパイシーな甘い香りが特徴です。バラとはまったく異なる植物であるにもかかわらず、バラの香りに似ていることからローズウッドと命名されました。

エッセンシャルオイルはブラジルの熱帯雨林で見られる常緑樹から抽出しますが、気の絶滅を防ぐために、1本伐採するたびに1本植樹することを定めた法律があります。

香水としては古くから利用されていましたが、エッセンシャルオイルとしてアロマテラピーで用いられるようになったのはつい最近からです。


心への効果


気分が滅入っているときや、いろいろな問題を抱えて落ち込んでいるときなどに、気持ちを明るく切り替えてくれます。
また、催淫作用があるとされ、眠っていた官能を目覚めさせます。


身体への効果


殺菌、消毒作用でのどを健やかに保ちます。吐き気を伴うような頭痛、あるいはジェットラグ(長時間飛行機で移動する際の心身を襲う特別な疲労)の症状を軽くする力があります。


肌への効果


細胞を刺激し、組織を新しくするエネルギーがあるので、切り傷や炎症に有効です。乾燥肌、敏感肌にも使えます。
また、バランスを整えて加湿する作用は老化してきた肌やシワ対策として用いられます。


こんな気分にはローズウッド


・情緒不安定
・無気力/無関心
・さみしさ
・孤独を感じる

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

ローズ(バラ)

クレオパトラも愛した「エッセンシャルオイルの女王」。幸せな気分にする甘くて優雅な香り

ローズは花の代表、香りの女王と呼ばれています。深くて甘い優雅な香りは、幸せな気分にしてくれます。長い間、愛と純潔の象徴とされていました。
イギリスでは、貴族の紋章としても多く使われ、サッカークラブの多くもエンブレムにローズの絵柄を加えています。

ダマスクローズから取れるローズオットーは「エッセンシャルオイルの女王」といわれ、貴重で大変高価なものです。

エッセンシャルオイル1滴に必要なバラの花はおよそ50本必要といわれています。
現在でも、ローズは不老長寿の妙薬、若返りの薬とたたえられています。


心への効果


情緒など精神面への働きかけに優れます。悲嘆、嫉妬、恨みなど、マイナスな心の状態をほぐすのに役立ちます。気分を明るく高揚させ、前向きで肯定的な感情を呼び起こします。


身体への効果


ホルモンバランスを整え、生理の周期を正常にするなど、さまざまな性的障害を改善します。
血液の循環を活発にして、毛細血管の働きを強化します。
また、更年期障害にも有効で、かつ女性らしい完成を引き出します。


肌への効果


ほとんどの肌タイプに有効ですが、老化してきた肌や乾燥肌、敏感肌の人に効果的です。


こんな症状にはローズ


・ストレス
・疲れ目
・ドライアイ
・便秘
・花粉症
・しみ
・くすみ


こんな気分にはローズ


・イライラ
・ストレス
・情緒不安定
・恋をしたい
・恋の悩みで落ち込み
・心が切ない


注意点


・妊娠中の使用を避ける

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

レモングラス

心労によるストレスを緩和して心と身体をリラックスさせる

さわやかで、レモンより香りが強いことが特徴です。
かなり鮮烈な芳香で、インドでは数千年にわたって解熱剤や感染症、腫瘍の進行を食い止めるのに役立つ薬として愛用されてきました。

エッセンシャルオイル中のシトラールという成分は、化粧品や香水、洗剤や石鹸の成分として価値の高いものです。
西インド諸島で生産されるものがイチバン品質がよいものとされています。


心への効果


心を刺激し、生気を回復させる働きがあります。
また、精神を高揚させて心にエネルギーを与えてくれます。


身体への効果


副交感神経の働きをバックアップし、食欲促進、消化不良や胃腸炎に作用します。また、乳酸を除去するので、筋肉疲労や足の疲労によるむくみなども改善する効果があります。


肌への効果


皮膚にハリを与えます。開いた毛穴を引き締め、にきびをキレイに直し、皮脂の分泌バランスを整えます。


こんな症状にはレモングラス


・便秘
・虫よけ
・室内の消臭
・室内の防虫


注意点


・敏感肌の人は量を少なくし、必ずパッチテストを行ってから使用する。

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

レモン

さわやかで酸味のある香りは気分をリフレッシュさせて冷静にする

レモンはフレッシュでキリッと引き締まった香りがします。アラビア語でかんきつ類の果実を意味するリムンから名づけられたといわれています。

昔はさまざまな病気の原因となる昆虫による刺し傷に対する消毒剤として使われ、当時最も怖い病気の1つであったマラリアさえも治すのに役立つと信じられていました。

エジプトの人々は肉や魚に必ずレモンを添えて食中毒を未然に防いだり、チフスなどの疫病を解毒するものとして、レモンを利用していたそうです。

また、ビタミンCの補給源としても貴重な存在です。


心への効果


リフレッシュ効果が高いので、興奮したときや気分転換をしたいときにピッタリです。
頭をスッキリさせて、集中力や記憶力を高めたいときにも有効です。


身体への効果


血液の流れを促し、高血圧を低下させます。
消毒性があるので、発熱を伴った風邪にも効果的です。


肌への効果


古くなった角質を取り去って、くすんだ肌色を生き生きとさせます。
また、にきびや吹き出物を抑える働きがあります。


こんな症状にはレモン


・筋肉痛
・夏バテ
・食欲不振
・二日酔い
・爪を健康的に見せたい
・汗のにおい


こんな気分にはレモン


・集中力をつけたい
・緊張をほぐしたい


注意点


・敏感肌には刺激が強すぎるので注意すること。
・使用する際には量を少なめにし、キャリアオイルやほかのオイルとブレンドすること。
・肌に使用した直後は直射日光に当たらないこと。

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

検索フォーム

お探しのアロマテラピーを一瞬で探し出します!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSフィード / ブックマーク

  • ソーシャルブックマークに登録
リンク集
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。